初心者

パークゴルフが下手な人の共通点とは:技術・メンタル双方から解決方法を考察する【PR】

パークゴルフが下手な人の共通点とは:技術・メンタル双方から解決方法を考察する【PR】

「パークゴルフ」は初心者からベテランまで多くの世代に楽しまれていますが、上手くなるための道のりは決して平坦ではありません。

パークゴルフで思うような成果が出ないと感じる時、それは単なる技術的な問題だけでなく、メンタルや装備の選び方、さらには自身を取り巻く環境にまで及ぶことがあります。

それゆえ、下手な人の共通点を理解しそれを克服する術を知ることは、次のステージへと進む大きな足掛かりとなるでしょう。

この記事ではパークゴルフが下手な人の共通点を明確にし、

  • テクニック
  • メンタル
  • 環境

の3つの側面から上達する方法を徹底考察してみたいと思います。

まる
まる
最近パークゴルフが上達しないなと感じる方は必見です!
  1. 初心者の誤ったフォームと練習
  2. 下手なパークゴルファーの技術的課題
  3. メンタルの弱点と対処法
  4. 装備選びと環境の重要性

パークゴルフ初心者がよく陥る落とし穴

パークゴルフはシンプルにボールを打つだけのスポーツに思えるかもしれませんが、実際には多くのテクニックや知識が求められる複雑なスポーツです。

それゆえ、初心者がパークゴルフを始める際には多くの落とし穴が待ち受けています。

それらの罠を避けスムーズな上達を目指すためには、以下の共通する問題点を理解し対策を立てましょう。

  1. 誤ったフォームの癖
  2. 知識不足からくるミス
  3. 誤った練習方法

①誤ったフォームの癖

パークゴルフ初心者が最も犯しやすいミスの一つは、誤ったスイングフォームの癖を身につけてしまうことです。

特に、腕の使い方や体の回転が正しくないと、球の飛距離や方向性が安定しづらくなります。

また、不適切なフォームはケガの原因ともなり得ます。

例えば、腰を過度にひねることで腰痛を引き起こすリスクが高まったり、不自然なスイングを繰り返すことで腕や肘の関節を痛めることもあります。

正しいフォームを身につけるためには上級者の指導や動画などを利用して、基礎的な正しいスイングの動きを学ぶことが必要です。

パークゴルフテクニックのロードマップ【上げ球、ロブショット、ライナー打ち、パッティングなど】
パークゴルフテクニックのロードマップ【上げ球、ロブショット、ライナー打ち、パッティングなど】当ブログ(まるパゴ)でこれまで解説してきた「パークゴルフの打ち方、テクニック」に関する記事をまとめています。 管理人自身がコースで...

②知識不足からくるミス

パークゴルフはただボールを打つだけでなく、戦略的な判断能力も求められます。

  • コースの地形
  • 風の向き
  • 選択するショットの種類

など、様々な要素がプレイに影響を与えます。

下手な人はこれらの知識が不足しているため適切な判断ができず、結果的にミスを連発し沈没することになります。

例えば、深いラフからのアプローチやグリーン上でのパットの距離感など、特定の状況下では特別なテクニックや知識が必要です。

これらの知識を習得するためには、書籍や信頼できるインターネットからの情報を活用して日々学ぶ姿勢を習慣化することが大切です。

コース攻略のポイントが分かりやすいです

③誤った練習方法

効果的な練習方法を知ることは、パークゴルフの上達において極めて重要です。

しかし、初心者はどの部分を重点的に練習すべきか、またどのように練習すべきかを知らないことが多いですよね。

まる
まる
単にボールを打ち続けるだけでは、実戦での成果は出にくいです

例えば、ティーショットの練習を頑張る人は多いですが、一方で、

  • ショートホールでの練習
  • パッティングの練習
  • グリーン周りのアプローチの練習

などはあまり取り組んでいない人も多いのではないでしょうか。

練習の際には量だけでなく質を重視するようにし、それを意識的に繰り返し行うことで技術の向上を目指すことが超重要です。

まる
まる
私の場合その日ごとにテーマを決めて練習することが多いです。
・まっすぐ打つ練習→「さとらんどパークゴルフ場
・グリーン周りの練習→「福移の杜パークゴルフ場
・パッティングを練習→「るるまっぷパークゴルフ場
といった具合に選ぶコースを変えたりしていますね!一人練習に寛容なコースを知っておくことも大切!

下手なパークゴルファーのテクニック面での共通点

パークゴルフは技術的なスキルが求められるスポーツであり、一見単純に見える動作の中にも多くのテクニックが隠れています。

特に、下手なパークゴルファーにはテクニック面での共通の問題点がいくつか見られることが多いです。

挙げるとキリがない部分ではありますが、代表的なものは以下の3つです。

  1. スイングのバランスが取れていない
  2. グリップの力みが強い
  3. ボールの打ち方が不正確

①スイングのバランスが取れていない

スイングのバランスが取れていないことは、多くの下手なパークゴルファーの共通点です。

この問題は正確なボールの飛びを妨げ、また飛距離にも影響を与えます

バランスが取れていない原因として、

  • 足元の安定感の欠如
  • 上半身と下半身の連動性が乏しい

ことなどが見て取れることが多いです。

例えば、フォロースルーの際に左足へ体重が乗りすぎる、あるいは逆に過度に右足へ体重が残りすぎることもバランスを乱す要因となります。

まる
まる
スイングバランスがきれい=上手いとは限りませんが、とはいえスイングに美しさがない場合やはりどこかに根本的な問題を抱えていることが多いです

②グリップの力みが強い

パークゴルフのスイングにおいて、グリップの力みは非常にデリケートな問題です。

力を入れすぎることでクラブのアーク(円運動)が妨げられ、またスイングの自然な流れが乱れる原因になります。

力みが強いとクラブのヘッドスピードが落ち、結果として飛距離の低下やボールの方向感の乱れが生じることが多いです。

逆に、力を抜きすぎるとクラブが手の平の中で暴れることもありますので、適切なグリップの力加減を学ぶことは本当に重要です。

パークゴルフクラブの3つの握り方【スコアに差がつく正しいグリップとは?】
パークゴルフクラブの3つの握り方【スコアに差がつく正しいグリップ手順を解説】 と考えている方に向けて、今回は「パークゴルフクラブの3つの握り方」について解説します。 今回ご紹介するグリップには...

③ボールの打ち方が不正確

①のスイングバランスにも繋がりますが、「ボールの打ち方の不正確さ」は方向性や飛距離に大きな影響を及ぼします。

  • ボールを打つ際のヘッドの入射角
  • クラブヘッドの向き

が適切でないと、ボールは思った方向には飛んでくれません。

まる
まる
入射角が鋭い、いわゆる上から叩きに行く打ち方では右にプッシュすることが多く、インパクトで体が突っ込めば左、逆に伸び上がったりすると右に曲がることが多いですね(右打ちの場合)

また、ボールの上部や下部を打つ、いわゆる「トップ」や「ダフリ」といったミスは、飛距離の大きなロスを生じさせるだけでなく、道具を痛める原因にもなります。

これらの問題は一度癖になってしまうと抜け出すのが難しくなるため、できるだけ初期の段階から改善するのを強くおすすめします。

【基本編】パークゴルフで球をまっすぐ飛ばす打ち方
基本編|パークゴルフの球をまっすぐ飛ばす打ち方【方向が安定しない3つの原因も考察する】 という悩みを持つ方に向けて、今回は 球の方向性が安定しない原因 まっすぐ飛ばせる打ち方 に...

メンタル面での共通点

パークゴルフは物理的な技術だけでなく、メンタル面の強さも非常に重要な要素となります。

実際、トッププレイヤーたちも心の持ち方や集中力を鍛え上げることに多くの時間を投資しています。

一方、多くの下手なパークゴルファーはメンタル面における共通の問題点を抱えており、それが以下の3つです。

  1. プレッシャーに弱い
  2. 1打1打に固執しすぎる
  3. 失敗を恐れるあまり、冒険を避ける

①プレッシャーに弱い

実際の試合の場面や勝敗を分ける重要なショットの際、プレッシャーを感じるのは自然なことです。

しかし、そのプレッシャーに対し適切に対処できないと、通常では考えられないような低いパフォーマンスを発揮してしまうことに繋がります。

プレッシャーが高まった局面で、

  • 体の動きが硬くなる
  • 必要以上に力が入る
  • 考えすぎてスイングの仕方がわからなくなる(イップス)

など、途端に普段通りのショットが打てなくなったという経験のある人も少なくないでしょう。

この問題を克服するためには、実際のプレイを想定した練習やリラクゼーション技法を学び、いつでも平常心でいられる方法を実践することで他者と差をつけられます。(技術と同等に超大事な部分)

まる
まる
緊張をほぐすためのリラクゼーション法などはYouTubeを参考にすると良いです!

②1打1打に固執しすぎる

パークゴルフは1ラウンドで数多くのショットを行いますが、1打1打に過度に固執すると全体の流れやリズムが乱れやすくなります

例えば、1つのミスショットに過度に焦点を当ててしまうと、次のショットもその悪い影響を引き継いでしまう可能性が高まります。

重要なのは、一つ一つのショットを大切にしつつも、前のショットの結果に囚われず「0の気持ち」で次のショットに集中することです。(これを”マインドフルネス”といいます)

まる
まる
すぐにカッとなったり落ち込みやすい人は、その日の気分でスコアが左右されることが多いですよね。うまくいかない日は感情マネジメントに加えて、プレイスタイルを変える(上げない、飛ばさない、とにかくまっすぐ転がすことだけに集中する)と運気が戻ってきやすいです

③失敗を恐れるあまり、冒険を避ける

パークゴルフにはリスク(損失)とリワード(利益)のバランスが求められます。

過度に安全を求めるあまり、絶好のチャンスをみすみす見逃しているパークゴルファーも決して少なくありません。

一方、適切なリスクを取ることで大きなリワードを得ることも可能です。

  • ラフの上をショートカットする
  • 球を軽く浮かせて直接ピンを狙うetc…

失敗を恐れるあまり冒険を避けてしまうことは、長期的にスキルアップ・スコアアップの機会を失う可能性があります。

そのため、

  • 自分が犯せるリスク許容度の限界
  • 自分の能力に合ったプレイスタイルとは何か

を常に考え、適切に把握しておくことが非常に重要です。

まる
まる
こうした要素を確立するには、やはり上級者とラウンドして彼らの考え方を学ぶのが一番近道です!細かなライン取りなどあなたにはない引き出しをたくさん持っているので、まずは「言われた通り」「素直に」やってみることをおすすめします

環境や装備に関する共通点

パークゴルフのパフォーマンスは、プレイヤーの技術やメンタルだけでなく環境や使用する装備にも大きく影響されます。

適切な装備や環境を整えることで、実力を最大限に引き出すことができるのです。

しかし、多くのパークゴルファーが環境や装備選びにおいて、例えば以下のような誤解やミスに陥っています。

  1. 不適切なクラブ選び
  2. シューズやグローブのフィット感の誤解
  3. 練習場やコースの選び方のミス

①不適切なクラブ選び

クラブはパークゴルフにおいて最も基本的な装備であり、自分に合うものを選ぶことも成功の大きな鍵を握っています。

多くのパークゴルファーは上級者や友人が使用しているクラブを選ぶ傾向がありますが、それよりも、

  • 自身の技量
  • 身長や体型
  • スイングの特性

に合ったクラブを選択することの方がはるかに重要です。

そのため、クラブを試し打ちできるパークゴルフ専門店に行ってみたり、ラウンド中に知り合い同士で貸し借りしてみるなど、自分に最適なクラブとは何かを日ごろから意識しておくことがとても大切です。

まる
まる
クラブによって打ち心地が全然違ったり、球の上がりやすさ、ボール反発性能や飛距離がガラッと変わることも多いです!
  • パークハウス本店:ホンマ系のラインナップが豊富(ボールの直進性・飛距離が良い)
  • 札幌パークランド:SPGのクラブ専門店(ヘッドが小さく手先の感覚を重視できる)
  • エーゼット:PiPoTのクラブ専門店(ソールに独特の削り込みがあり上げ打ちしやすい)

②シューズやグローブのフィット感の誤解

パークゴルフにおいて、シューズやグローブはスイングの安定性や力の伝達に直接関わる重要な装備です。

しかし、デザインやブランドに偏る(あるいは無頓着な)あまり、フィット感をそれほど重視しないパークゴルファーも少なくありません。

特に、シューズは18~36ホールを歩き回る際の快適性や足元の安定性に影響するため、自分の足の形や動きに合わせた選び方が必要です。

また、グローブも適切なサイズや素材を選ぶことで、グリップの力みを減少させる助けとなります。

まる
まる
グローブは少量の力でしっかりグリップできるので、着用しないのは絶対損です!
パークゴルフに必要な道具一覧【初心者はこの用具・用品を揃えよう!】
【パークゴルフの始め方】まずはこの道具を揃えよう←初心者はこれだけでOK【PR】 と疑問に思っている方に向けて、今回は「パークゴルフに必要な道具一覧」をご紹介します。 パークゴルフを始める...

③練習場やコースの選び方ミス

練習場やプレイの場となるコースの選び方も、プレイヤーの成長や楽しさに直接関わります。

特に初心者の場合、難易度の高いコースを選ぶと当然思うようにはいかないので焦りやフラストレーションがたまりやすく、せっかくのパークゴルフ体験を大きく損なってしまう可能性があります。(≫初心者におすすめのパークゴルフ場はこちらへ)

逆に、練習場を選ぶ際には多様なショットを練習できる広い環境や、質の良いユーザーが多く集まる場所を選ぶことが望ましいです。

まる
まる
中でも札幌パークランドの打ちっぱなし練習場はとても広いですし、一日を通して中上級者も多く来場するので見ているだけで参考になりますよ!
北海道札幌 近郊パークゴルフ打ちっぱなし練習場おすすめ
札幌近郊|パークゴルフ打ちっぱなし練習場おすすめ3選こんにちは、まるパゴです。 2020年8月からパークゴルフを再開して、約10ヶ月が経過しました。 当初はボールを上げて打ったり強...

パークゴルフを上達させるための改善ポイント

パークゴルフは技術や経験だけでなく、緻密な計算力やメンタルの強さが求められるスポーツです。

上達するためには技術的な部分はもちろん、心の持ち方や練習方法にも注目する必要があり、パークゴルフをさらにレベルアップさせるための重要なポイントを以下の3つに絞って詳しく解説します。

  1. 正しいフォームを身につける方法
  2. 効果的な練習方法
  3. メンタルトレーニングの方法

正しいフォームを身につける方法

正しいフォームは、パークゴルフにおける最も基本的な要素です。

フォームが不正確であれば、どれだけ力を入れてもボールはまっすぐ飛びません。

正しいフォームを身につけるためには、まず自分の現在のスイングをビデオで撮影し、それを分析する方法が最も有効です。

まる
まる
私は今でもほぼ毎回練習場では動画撮影してます。コースでも逐一動画に記録しておくことで、後から自分のフォームを客観視できてとても有益です。

また、専門家やコーチと一緒に自分の弱点や改善点を特定し、それを元に練習メニューを「特化させる」ことがレベルアップには超重要です。

効果的な練習方法とは

効果的な練習とは単にボールを打つだけでなく、意図的かつ計画的に行うものです。

練習の際は、以下のような特定のテーマや目標を持って取り組むのが大切ですよ。

  • ターゲット練習:アプローチショットの精度を上げるために、異なる距離からターゲットを狙う練習。(例:10m,30m,50mの3つの距離からフラッグを狙い、それぞれ3~5球ずつ打ってみる)
  • ゲート練習:パッティングの精度、直線性を確認する練習。(例:ボールの前に2つのマーカーを置き、そこを通過するようにパッティングする)
  • 変化球練習:風の抵抗や障害物を考慮し、球の高さを調整する練習。(例:低いライナー弾道のショット、ロブ系のショットなど)

特にパークゴルフは40m台のショートコースが多いので40mの距離を正確に打てる感覚を身につけたり、ロングホールの2打目を想定し、ティーグラウンドだけでなくウェアウェイやラフから30~40mぴったりに打てる練習をするのも効果的です。

また、練習の際にはリアルなゲームシチュエーションを想定し、適度にプレッシャーを感じつつショット練習に取り組むとより実践的で良いですね。

メンタルトレーニングのすすめ

パークゴルフは精神的な要素が非常に大きく、心の持ち方一つで結果が大きく変わることも珍しくありません。

メンタルトレーニングを取り入れることで、プレッシャーの中でも冷静な判断を下せるようになります。

具体的には、

  • 深呼吸法
  • マインドフルネス(「今」だけに集中できる精神状態を意識的につくること)
  • イメージトレーニング

などこうしたテクニックを知り、学び、日常生活の中で訓練を積んでおくことが結果的にコース上での良いパフォーマンスに繋がります。

また、試合前や打席に立つ前のルーティンワークの確立も、安定した成果を上げるためには重要です。

まる
まる
パークゴルフの上達は、技術的な練習だけでなくメンタル面での鍛錬も欠かせません。本番の経験を積むのが一番ですが、本気の人は日常生活の中でも意識的にトレーニングしておくのがおすすめです!

まとめ

今回詳しく考察したように、「パークゴルフ」は技術だけでなく、メンタルや装備、環境など多岐にわたる要素が絡み合っていることが理解できたかと思います。

下手な人が陥りがちな落とし穴は、

  • 誤ったフォームや知識不足
  • 不適切な練習方法
  • 装備や環境の選択ミス

の3つが主な要因であり、これらを改めて再認識することが大切です。

一方で、技術やメンタル面の改善は、

  • 正しいフォームの習得
  • 効果的な練習
  • メンタルトレーニング

を通じて達成することが可能です。

これらの要素を踏まえ、今一度パークゴルフの楽しみ方と、最大限の成果を引き出すためのアプローチを考えてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RELATED POST