初心者

【パークゴルフの始め方】まずはこの道具を揃えよう←初心者はこれだけでOK

パークゴルフを始めるのに必要な道具は?
道具選びに注意点はあるの?

という方に向けて、今回は「パークゴルフに必要な道具一覧」をご紹介します。

必要な道具を集めて快適にパークゴルフを楽しもう!

パークゴルフをプレイするのに必要なものは大きくクラブボールティーの3つがあり、快適なプレイのためにはその他いろいろな道具を揃えなければなりません。

その1つ1つにもそれぞれたくさんの種類がありますが、その中から自分に合う道具を選ぶのもまたパークゴルフの楽しみといえます。

パークゴルフに必要な6つの道具【初心者】

パークゴルフに必要な道具一覧

パークゴルフに必要な道具・用品などは多岐に渡りますが、特に大切なものは以下の通りです。

  1. クラブ【必須】
  2. ボール【必須】
  3. ティー【必須】
  4. マーカー
  5. グローブ
  6. ポーチ

これらがあれば、とりあえずパークゴルフのプレイはできるようになります。

初心者の方はまず上記6つの道具から優先的に揃えていきましょう!

道具①クラブ

パークゴルフのルールではクラブの重量は600gまで、長さ860mm以下と定められています。

初心者向けのクラブから上級者向けのものまでさまざまな商品が発売されていますが、まずは詳しいことを知らなくても「IPGA」「NPGA」という認定シールが貼られたクラブであればどれを選んでも問題ありません。

IPGA認定シールが貼られたクラブ▲NPGA認定品シールが貼られたクラブ

グリップの下に認定シール▲グリップ(握る個所)の真下に貼られています

認定シールがあることで「このクラブは安全に使用することができる」という証になります。

非公認のクラブは安いだけで何もメリットがありません。必ず店頭では認定シールの確認を行うようにしましょう。

まる
まる
認定シールがないクラブでは、公式の大会にも出場できないよ!

そして、クラブの各パーツにはそれぞれ呼び名があり、最低限基礎知識として押さえておきたいのはこちらの通りです。

グリップ

グリップ

クラブを両手で握る部分を『グリップ』といいます。

シャフト

パークゴルフのシャフト

『シャフト』はグリップからヘッドに続く軸の部分のこと。

一般的に硬いのシャフトはパワーのあるハードヒッター向き、逆にしなりを活かせる柔らかいシャフトは力のない女性に向いています。

ヘッド

ヘッドはボールに当たる部分で、大きくフェース、クラウン、ソールから構成されています。

フェース

ヘッドのフェース

『フェース』はボールが当たる部分のこと。

先端部分のことを『トゥ』とも呼び、できるだけフェースの中心部でヒットすることによりボールをより遠くまで飛ばすことができます。

クラウン

ヘッドのクラウン

ヘッドの上部のことを『クラウン』と呼びます。

ソール

ヘッドのソール

ヘッドの底の部分を『ソール』と呼びます。

初心者におすすめの入門クラブ

道具②ボール

パークゴルフのボール

パークゴルフのボールは以下のように大きさや重さなどが規定されています。

  • 大きさ:直径60mm(±0.5mm)
  • 重さ:80~95g以内
  • 音圧:80db以上(球を打った時の音)
まる
まる
いずれもIPGAと書かれたボールなら基準をクリアしています!

ちなみに、初心者のうちはショットの方向性が安定せず、ボールを紛失してしまうこともあると思います。

そうしたロストボールに備えて同行者にボールを借りずに済むよう、最低でも2つは購入しておくことをおすすめします。

初心者はこのボールがおすすめ

道具③ティー

ティー

パークゴルフの第1打目を打つときには必ずティーを使用することになっています。

ティーに乗せることでボールを高くすることができ、地面に乗せた状態よりも高く強い打球を打つことが可能です。

ティーに乗せたボールとクラブ ティーショットの様子

最近ではヘッドとの抵抗をなくすために先端が毛になったタイプや、打った勢いで飛ばないように重りがついたものなども発売されています。

とりあえず揃えるならこちら

道具④マーカー

ボールマーカー

『マーカー』は2人以上でラウンドする際、主にグリーン上などで使用されます。

他のプレイヤーのピンまでの進路を邪魔しないよう、被ってしまった場合にマーカーを置き、ボールを取り除くのに使用します。

さまざまなカラーのものがありますので、クラブに合わせたりお気に入りの色を選べるのも意外な楽しみの一つかもしれません。

まる
まる
マーカーはこだわりがなければ、有料のパークゴルフ場に用意されてるもので十分だよ!

道具⑤グローブ

グローブ

『グローブ』はクラブから伝わる衝撃から手を守るために着用し、さらにインパクト(ボールを打つ瞬間)時にしっかりとグリップができるので無駄なくヘッドに力を加えることができるようになります。

人によっては両手・片手だけといったように分かれますが特別決まりがあるわけではありません。

片手の場合、右利きの人は左手、左利きの人は右手に装着しましょう。

まる
まる
僕の場合は右手の感覚を大切にしているので右だけは素手で打ってます!スコアも素手の方が書きやすいしねヾ(*´∀`*)ノ

グローブにはそれぞれサイズがあり、22cm、22,5cm、23cm、23,5cmなど、0.5cm刻みで様々な大きさのものが発売されています。

はじめのうちはしっかり握れればどれでもOK。
デザインが好きなものを選ぶのもアリですね。

両手でしっかり握れるタイプ

道具⑥ポーチ

ポーチ

パークゴルフのプレイ中、必要なものをすべてズボンのポケットに入れるのはおすすめしません。

ズボンが重たくなったり、それによってクラブが振りにくくならないよう、できれば腰に装着できる専用の『ポーチ』を用意しておきましょう。

予備のボールが持ち運べるポーチ
まる
まる
予備のボールも持ち運びが楽になりますよ!

ポーチのデザインは様々で、素材やカラーなど服装に合わせてコーディネートする人も多く、スマートフォン、スコアカード、ティーなどがゆったり入るタイプのものをセレクトしてください。

このポーチは軽くて使いやすいです

あったら便利なパークゴルフ用品

便利な用品①スコアカードケース

便利な道具 スコアカードケース

パークゴルフ場にはだいたいスコアカードが無料で用意されていますが、紙のままポーチに入れておくとぐしゃぐしゃになってしまったり、後から整理しにくくなることもあります。

『スコアカードケース』があれば、手で持ったままでもスコアの記入がしやすくなりますし、過去にプレイしたスコアカードを整理したりまとめやすくなって便利です。

値段も安い物なら1000円以下で購入できますので、ポーチに入るあまり大きくないサイズのものを1つ購入しておくことをおすすめします。

こちらのカードケースが安くておすすめ

便利な用品②帽子、サンバイザー

夏の暑い時期にパークゴルフを楽しむ際、時間帯によっては太陽の逆行でピンが見にくくなったり、女性なら日焼け・紫外線が気になることもあります。

また、風に乗って飛来した異物から顔を保護する役割もありますので、必須ではありませんがプレイ中に気になる方は帽子やサンバイザーを別途用意しておくと安心です。

種類豊富なキャロウェイのサンバイザー

便利な用品③サングラス

太陽の紫外線から目を保護し、眩しさを軽減したりと、より快適なパークゴルフには必要となることもあります。

フレームの種類や色、デザインもさまざまで、ファッションコーディネートの1つとしてこだわる方も多いのが特徴です。

サングラスによっては、グリーン上の芝目がくっきりと見えるタイプもあり、本格的にスコアアップを目指したい方には欠かせないアイテムです。

ロングセラーの定番偏光サングラス

必要な道具を集めて快適にパークゴルフを楽しもう!

今回は「パークゴルフに必要な道具・用品」についてご紹介しました。

これからパークゴルフを始める初心者の方は始めはお金がかかりますが、大切に使用すれば長く使い続けることができます。

とりあえずパークゴルフができれば良いという方は少なくともクラブ・ボール・ティーを用意し、必要に応じて今回ご紹介したものを少しずつ揃えていけばOKです。

Let’s パークゴルフ!!

パークゴルフ場のコースの仕組みを知ろう【最低限覚えておきたいコース内の呼び方や名称】
パークゴルフ場のコースの仕組みを知ろう【最低限覚えておきたいコースの呼び方と種類】 という方のために、今回は「パークゴルフ場のコースの仕組みや呼び方」についてご紹介します。 仕組みや呼び方については、ラウンドし...
【全7コース】札幌市東区でプレイできるパークゴルフ場施設一覧【有料/無料あり】
【全7コース】札幌市東区でプレイできるパークゴルフ場施設一覧【有料/無料あり】 という方に向けて、この記事では「札幌市東区でプレイできるパークゴルフ場一覧」をご紹介します。 東区には有料...