初心者

パークゴルフ|上げ打ち、上げ球の打ち方【コツを掴めば難しくない】

パークゴルフの上げ打ち、上げ球の打ち方 コツ
パークゴルフを始めたけど、上げ打ちがなかなか上手くいかない
上げ球を打つコツが知りたい

という方に向けて、今回の記事では「パークゴルフの上げ打ち、上げ球の打ち方」についてご紹介します。

パークゴルフをプレイするにあたり上げ打ちは必ずしも必修科目ではありませんが、とはいえシチュエーションによっては、

「あのラフをショートカットしたい」
「フェアウェイの凹凸を極力避けたい」

など、上げ球が打てることで有利になり得るシーンは少なからず存在します。

ゴルフクラブであればフェース面にロフト(角度)があるため自然に球は上がりますが、ロフト0度のパークゴルフクラブにおいては自分の立ち位置を工夫したり、意図的にスイング軌道や振り方に対しエッセンスを加えていく必要があります。

上げ球を打つことができれば、憧れの“ロブショットにも応用できますので、まずは球をいつでも上げて打つことが出来るよう是非取り組んでみてください。

まる
まる
パークゴルフの上げ球を打つのに腕力の有無はまったく関係ありません!女性でも必ず球は上がるようになりますよ

パークゴルフ|上げ球、上げ打ちの打ち方

まず、パークゴルフで上げ打ちできないという方に多く見られる特徴は以下の3点です。

  1. インパクト時、体重が左足に乗りすぎている
  2. ボールが両足の中央寄りに置かれている
  3. スタンスが目標方向に対して平行になっている

もっとも一人一人のスイングを細かく見れば枚挙に遑がありませんが、大きく分けると上記3つの原因により球が上がらないという人が多いように思います。

まる
まる
逆に球が上がる打ち方を習得すれば、どんなクラブでも上げ球は打てるようになります

では、どうすれば上げ打ちができるようになるのか気になりますよね。基本的な上げ球の打ち方に関してはこの3つのコツを覚えておけばOKです。

  1. オープンスタンス+右足体重
  2. ボールは左足のつま先の延長線上に設置
  3. スイングはアウトサイドイン(カットスイング)

この3点だけしっかり遵守すれば嫌でもボールは浮き上がります。

難しくありませんので、さっそく1つずつチェックしていきましょう。

※本記事では右利き用に書いてますので、左利きの方は左右置き換えながらお読みくださいm(__)m

①オープンスタンス+右足体重

パークゴルフの基本は目標方向やピンに向かって平行にスタンスするのが一般的ですが、こと上げ球を打つ場合に関しては「スタンスはオープンに構える」ことが必須条件となり、“一定程度までは”スタンスを開けば開くほどより高い球が打てるようになります。

フェースは目標方向へ向けたままスタンスだけを開くことで、フェースが自然と上向きになっているのが分かると思いますが、それがまさに上げ打ちするために欠かせない基本的な正しい構えの形です。

試しにそのまま体重を大きく左足側に乗せると、上向きだったフェースの角度が閉じてしまう様子がお分かりいただけるでしょう。

つまり、上げ打ちの際は体重の比重を右足側に置くのが正しく、付け加えるなら頭もやや右側に傾けることで軸が右足に残るため、より上げて打てる体勢を保ちやすくなるというわけです。

まる
まる
最初は左足4、右足6くらいの比重を意識してみてください

②ボールは左足つま先の延長線

上げ球をマスターするためには、ボールの置き位置1つにも細心の注意を払いましょう。

通常のスイングでは開いた両足の中央寄りに球を置く人もいますが、低く転がすシーンでは正しいものの、上げ打ちしたい場面ではミスショットを誘発する原因になります。

スタンスに対してボールの位置が内側すぎる
まる
まる
中央寄りにボールを置くとフェースが閉じて上がらなくなります

よってオープンスタンスに構える際フェースは目標方向に向けたまま、思い切ってボールを左足つま先の延長線上に設置しましょう。

ボールは左足つま先の延長線上に設置したままオープンスタンスに構える

最初は違和感や不安を感じると思いますが、上げ球を打てる方はいずれもそのスタンスで構えていますので心配ありません。

③スイングはアウトサイドイン

「アウトサイドイン」とはスイング軌道のことを表していますが、

  • テイクバックを外側に引く
  • フォロースルーを内側に振り抜く

こうしたスイング動作をアウトサイドインと言います。(ゴルフでは“カットスイング”ともいわれます)

なんだか難しそう…

なんて声が聞こえてきそうですが、オープンスタンスで構える以上ボールに対して自然とアウトサイドインのカット軌道になります。

まる
まる
でもオープンスタンスでスイングするとなんだか球が左側に飛びそうな気がしますよね
まる
まる
ですが、フェースがきちんと目標方向にさえ向いていればボールはまっすぐ飛ぶんです!スタンスなりに振り抜くことを意識しましょう

とはいえ、最初のうちはアウト側にテイクバックすることに不安を感じる余り、目標方向と並行にクラブを引き上げてしまう“十勝打ちのような”癖がつくといつまでも上げ打ちは身に付きません。
上げ打ちがうまくいかない方は、今一度アウトサイドインを意識した上でスイング軌道を修正していきましょう。

アドレスを構える手順

上げ打ちしようとアドレスを構えた際、毎回ボールの設置位置や立ち場所が変わると狙った方向に飛ぶかどうかは運任せとなってしまい、いつまでもコースで実用可能な上げ球を習得することはできません。

可能な限りアドレス毎に誤差が出ないよう、スタンスを構える流れは一律に統一(ルーティン化)しておくことが望ましいでしょう。

最初のうちはいきなりアドレスに入るのではなく、このような手順で上げ球に向けて構える練習がおすすめです。

  1. 両足を揃えてボールとの適切な位置に立つ
  2. 目標方向と平行にスタンスを取る
  3. 反時計回りに立ち位置を微調整
上げ球を打つためのスタンス

ボールと足との距離は一人一人のスイングフォームや体格によって異なります。とはいえ、基本的には自然に腰を曲げて両手をダラっと落とし、その位置でグリッピングした際に来るヘッドの位置が正しいボールとの距離の測り方です。

上げ打ちするスタンスの方法画像

続いてスタンスなりに右足を開き、通常のショットの形を作ります。

パークゴルフ 上げ球の打ち方

通常通りに構えた後は、自分が反時計回りに回り込んでスタンスをオープンにし、フェースが確実に上向きになるのを確認します。オープンスタンスにする際も、あくまで左足つま先はボールを指したまま移動するのがポイントです

構えさえ出来ていれば、後は右足体重&アウトサイドインのスイング軌道を意識するだけです。明日からさっそく反復練習を始めましょう。気づいた頃にはスカッと爽快な上げ球をコース上で披露できるはずですよ。

上げ打ち、上げ球を打つコツまとめ

今回の記事ではパークゴルフの1つの醍醐味である「上げ打ち、上げ球の打ち方やコツ」についてまとめました。

やってるんだけど上がらないんだよなぁ

という方は、実際に上げ打ちができる第三者にスイングを確認してもらってみてください。球が上がらないのには必ず原因があります。そうした時に他人にスイングを見てもらうことで、自分では出来ているつもりでも不十分だった部分がきっと見つかると思います。

また、自宅や庭などで窓に映る自分の姿をチェックしつつスイングを形作るやり方もとてもおすすめです。近場に打ちっぱなし場があるという方であれば、誰かにスイングを撮影してもらったり、三脚を立てて自撮りするのも自分のフォームを客観視出来て大変有意義です。

上げ打ちをマスターすれば、今よりももっとパークゴルフが楽しくなりますよ。

ぜひ何度も練習して上げ球を使いこなせる達人になりましょう。

ピポット NEWモデル【Fit all】

▲Fit all Ultra 85cm 515gカスタムモデル

ピポットのFit allは独自の3WAYソール設計で深いラフでも振り抜き性能を向上。飛距離と安定した方向性を両立する唯一無二のプレミアムモデル。鉛内蔵システムによるスイートスポット拡大で打ち損じが激減、柔軟性の高いオリジナル3Kカーボンシャフトで心地よい高弾道を実現する。

ミズノMS-01とピポットFit allのクラブを打ち比べてみた結果【パークゴルフ】
【ミズノMS-01 VS ピポットFit all Ultra】打ち比べてみた感想レビュー【パークゴルフクラブ】今回は以前愛用していたミズノのパークゴルフクラブ「MS-01」と先日購入したピポットの「Fit all Ultra」を打ち比べてみた感想...

≫ピポット札幌支店エーゼット(店舗内の様子)

【札幌圏】おすすめパークゴルフ場ランキング

札幌・札幌近郊でおすすめの人気パークゴルフ場ランキングベスト5!

人気のパークゴルフ場BEST5




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です