パークゴルフの打ち方・テクニック

パークゴルフ|上げ打ち、上げ球の打ち方【コツ動画あり】

パークゴルフの上げ打ち、上げ球の打ち方 コツ
パークゴルフを始めたけど、上げ打ちがなかなか上手くいかない
いつも転がし球ばかり…上げ球を打てるようになりたい

など、「上げ打ちにチャレンジしてみたいけど方法がわからない」、「どんな打ち方をすれば自然な上げ球が打てるんだろう」なんて考えていませんか?

パークゴルフをプレイするにあたって上げ打ちは必ずしも必修科目ではありませんが、とはいえ、

  • あのラフをショートカットしたい
  • フェアウェイの凹凸を極力避けたい
  • 池の上を越えていくショットが打ちたい…etc

といったように、コースマネジメントやスコアアップのために習得したい人、あるいは「上げ球を打てるとカッコいいから」なんて考えているという人も少なくないと思います。

ゴルフクラブであればロフト角があるため球は自然と上がりますが、実は、ロフト角のないパークゴルフクラブにおいては構え方(スタンス)、スイング軌道、振り方で意識しなければならないポイントがあります。

上げ球が打てるようになれば“ロブショットにも応用できますよ。
この記事では上げ打ちの具体的な方法や手順を解説していきますので、これから上げ球を打てるようになりたいと考えている中・初級者の方の参考になれば幸いです。

まる
まる
パークゴルフの上げ球を打つのに腕力の有無はまったく関係ありません。コツがわかれば女性でも必ず球は上がるようになりますよ!

上げ打ち、上げ球とは?

パークゴルフ 上げ打ち、上げ球とは?

パークゴルフにおける「上げ打ち、上げ球」とは、ボールを高く浮かせて障害となる箇所を乗り越えていく打法のことです。

障害物とは、例えばコース上の凹凸や深いラフ、植栽、池などのことで、転がし球では2~3打で遠回りしなければならないコースでも、上げ球なら直接ピン方向を狙えるシチュエーションも多くなります。

パークゴルフでは普通にスイングすれば転がし球になるのが通常ですが、球を高く上げて打つためには「フェースを上向きに開いた状態でショットする」ことが重要です。

パークゴルフで上げ球が打てない人の特徴

最近練習場で上げ球の打ち方を教えてほしいと聞かれる機会が多くなってきたのですが、実は「パークゴルフで上げ球が打てない人」に多く当てはまる特徴があります。

それがこちら↓

上げ球が打てない人の特徴3選

  1. インパクトの瞬間、体重が左足に乗りすぎている
  2. ボールが両足の中央寄りに置かれている
  3. スタンスが目標方向に対して平行になっている※

上記の特徴に当てはまるからといって必ずしも上げ球が打てないわけではありませんが、この3つの特徴はいずれも「上げ打ちの難度を高くする基本要因」であることは押さえておきましょう。

まる
まる
逆に球が上がらない要因を排除すれば、無理な打ち方をしなくても自然と球は上がるということです^^

※③の「スタンスが目標方向に対して平行」について
このパターンでも上げ球を打つことは可能ですが、どちらかというと「ライナーショット」に近い上げ球になってしまいます。より高く上がって止まりやすい上げ打ちをするには、これから解説する方法を参考にしてくださいm(__)m

[参考]パークゴルフ|ライナー打ちの方法【遠くに飛ばすショットを解説】

パークゴルフ|上げ球、上げ打ちの打ち方

では、どうすれば上げ打ちができるようになるのでしょうか。
より力みのない自然なスイングで上げ球を打つためには、この3つのポイントを押さえておけばOKです。

上げ球を打つためのコツ3選

  1. オープンスタンス+右足体重
  2. ボールは左足のつま先の延長線上に設置
  3. スイングはアウトサイドイン(カットスイング)

上記3点をきちんと遵守すれば、性別・腕力の有無如何にかかわらず嫌でもボールは浮き上がります。
難しくありませんので、続けて1つずつチェックしていきましょう。

まる
まる
上げ球を打つといっても、そのために独特なスイングをする必要はありません。ここではもっともスタンダードで再現性の高い方法を解説していきます!

※本記事では右利き用に書いてますので、左利きの方は左右置き換えながらお読みくださいm(__)m

①オープンスタンス+右足体重

パークゴルフの基本は目標方向やピンに向かってスクエア(平行)にスタンスするのが一般的です。
一方で、上げ球を打つ場合に関しては「スタンスはオープンに構える」ことが必須条件となり、(一定程度までは)スタンスを開けば開くほどより高い球が打てるようになります。

パークゴルフ上げ球 オープンスタンス+右足体重▲左がスクエアスタンス、右がオープンスタンス

フェースは目標方向へ向けたままスタンスだけを開くことで、フェースが自然と上向きになっているのが分かると思います。
つまり、オープンスタンスは上げ打ちするには理想的な構えの形というわけです。

試しにそのまま体重を大きく左足側に乗せると、上向きだったフェースの角度が閉じてしまう様子がお分かりいただけるでしょう。

☆ワンポイント☆

さらに、オープンスタンスにしたあとはこちらの2点も意識してみてください。

  • 体重をやや右足側に置く
  • 頭をやや右側に傾け、右足に体重が残りやすくする(スウェー防止)

※スウェーとは、インパクトの瞬間に左足へ体重が流れ過ぎてしまうことを表します

この2つも同時に意識することで不用意な体重移動を抑え、より上げ打ちしやすいアドレスを保ちやすくなります。
右足体重は上げ球の成功確率やインパクトミート率が飛躍的に上がるポイントなので、初心者の方はぜひ最初の段階から取り入れてみて下さい。

まる
まる
最初は左足4、右足6くらいの比重を意識してみるといいです

②ボールは左足つま先の延長線

上げ球をマスターするためには、ボールの置き場所1つにも細心の注意を払いましょう。

通常のスイングでは開いた両足の中央寄り(内側)に球を置く人もいますが、低く転がしたい場面では問題ないものの、上げ打ちしたい局面ではミスショットを誘発する原因になります。

スタンスに対してボールの位置が内側すぎる

まる
まる
両足の中央寄りにボールを置けば置くほど、フェースが閉じて上がらなくなります

よってオープンスタンスに構える際フェースは目標方向に向けたまま、思い切ってボールを左足つま先の延長線上に設置しましょう。

ボールは左足つま先の延長線上に設置したままオープンスタンスに構える▲左足つま先を開いてアドレスする人は左足かかとの延長線上に球を設置

最初はボールがかなり左側にあるように見えてしまい「違和感」を感じると思います。
ですが、上げ球を操る人たちはいずれもこうした位置にボールを置いて構えていますので、まずは素直に左足つま先延長線上にボールを置くことを意識してみてください。

☆ワンポイント☆

なお、普段から体重移動を抑えたスイングをしている方、もしくは何度トライしてもトップ気味にフェースが入ってしまう方は、結果を見ながら少しずつ球を内側へ調整するのもアリです。
その際、ボールの置き位置を一気に変えたりせず、1cm単位で微調整していきましょう。

③スイングはアウトサイドイン

「アウトサイドイン」とはスイング軌道のことを表していますが、具体的には、

  • テイクバックを外側に引く
  • フォロースルーを内側に振り抜く

パークゴルフ 上げ球の打ち方 アウトサイドインスイング▲クリックで画像拡大

こうしたスイング動作のことを「アウトサイドイン」と言います。
(ゴルフでは“カットスイング”ともいわれます)

なんだか難しそう…

と思う人もいるかもしれませんが、オープンスタンスで構える以上何も考えずとも自然とアウトサイドインのカット軌道になります。

まる
まる
オープンスタンスで構えるとなんだか球が左側に飛び出しそうな気がしますよね?
まる
まる
ですがフェースがきちんと目標方向にさえ向いていれば、ボールはきちんとまっすぐ飛んでくれます。
まずはスタンスなりに、素直に振り抜くことだけを意識しましょう

パークゴルフ 上げ球 アウトサイドインスイング 画像▲クリックで画像拡大

☆ワンポイント☆

ここで1つ注意点ですが、最初のうちはアウト側へテイクバックすることに違和感を感じるあまり、目標方向と平行にクラブを引き上げてしまう「十勝打ちのようなテイクバック」をする人がいます。

確かにそれでも上げることは可能ですが、十勝打ちは肝心のヘッドスピードが抑制され「飛距離とトレードオフ」する特徴があるため、飛距離の出る上げ球・より高い上げ打ちができないのがデメリットです。

「思ったほどボールが上がらない」、もしくは「上げると飛距離が落ちる」という人は、今一度アウトサイドインを意識したスイング軌道に修正してみるのをおすすめします。

「十勝打ち」は方向性に優れ、狙った場所に球を運びやすいショートホール向きの打法です。20~40m台の短いコースやロングホールのセカンドショットなど、飛距離よりも方向性を重視したい局面にはとても有効な技術です。

アドレスを構える手順

上げ打ちしようとアドレスした際、毎回ボールの置き場所や立ち位置が変わると狙った方向に飛ぶかどうかは運任せとなり、いつまでもコースで実用可能な上げ球を習得することはできません。

できるだけアドレス毎の誤差を最小限に抑えられるよう、アドレスを組む流れは一律に統一(ルーティン化)しておくことが望ましいでしょう。

最初のうちはいきなりアドレスに入るのではなく、このような手順で上げ球に向けて構える練習がおすすめです。

  1. 両足を揃えてボールとの適切な位置に立つ
  2. 目標方向と平行にスタンスを取る
  3. ボールを中心に反時計回りに立ち位置を微調整
上げ球を打つためのスタンス

ボールと足との距離は一人一人のスイングフォームや体格によって異なります。
基本的には自然に腰を曲げて両手をダラっと落とし、その位置でグリッピングした際に来るヘッドの位置が正しいボールとの距離の測り方です。

上げ打ちするスタンスの方法画像

続いて肩幅と同程度に右足を開き、通常のショットの形を作ります。

パークゴルフ 上げ球の打ち方

通常の構えが完成した後は、ボールを軸に反時計回りに回り込んでスタンスをオープンにし、フェースが確実に上向きになるのを確認します。
オープンスタンスにする際も、あくまで左足つま先はボールを指したまま移動するのがポイントです

 

構えさえ出来ていれば、あとは右足体重&アウトサイドインのスイング軌道を意識するだけです。

こうしたコツが理解できると、早い人なら当日中に上げ球が打ててしまう人もいます。
最初はうまくいかなくても諦めずに練習を続ければ、いずれスカッと爽快な上げ球をコースで披露できますよ。

【参考】上げ打ちを1分動画で振り返る

6~7割の力でかなり脱力気味にスイングしていますが、それでもしっかりと球が上がっていますよね。

“上げるだけ”なら、ぶっちゃけ誰でも必ずできるようになります。
問題はコースで実用可能なレベルまで習熟できるかどうかですよね。自在に操れるようになるには何度も繰り返し反復練習することが超大事です。

まる
まる
ちなみに私は現状の上げ球を打てるようになるまで2000球以上練習しましたが、今でもさらに高い再現性を求めて毎日試行錯誤の連続ですヾ(*´∀`*)ノ

女子に上げ球を教えてみた

今までコロコロ球しか打てなかった身長155cmの非力女子でも、コツさえわかればこの程度の上げ球はすぐに打てるようになります↓

動画のとおり、アドレスの組み方を毎回しっかりルーティン化していて、これは模範的でとても素晴らしいですね!
練習場だと連続でポンポン打っちゃう人が多いですが、コースでは打ち直し不可の一発本番勝負。実際のコースをしっかりイメージして練習することが上達の近道でもあります。

まる
まる
ともあれ、あっさり上げ球が打てて何より本人が一番驚いたみたい(;´∀`)

 

上げ球の基礎は一にも二にもアドレスです。
足し算の知識がなければ掛け算できないのと話は同じで、正しくアドレスすることは、上げ球を打つには何より重要であると断言できます。

初めは球が左右にブレても無視してOK。まずは「力がなくても球は上げられる」という感覚を身につけることがモチベーション維持にもつながりますよ。

上げ球|コース実践編動画

先日、札幌市東区の「王子パークゴルフコース」をラウンドした際に上げ球を使った場面集です。
上げ球が使えるとどのような攻め方ができるようになるのか、参考までにご覧いただければと思います。

動画のとおり、極端に高く打ち上げなくても十分攻略できます。
さらに高い上げ球を練習するのも良いですが、コントロール性が悪く、周囲に危険が及ぶ可能性のある「度を過ぎた上げ球はあえて使わない」という選択が賢いコースマネジメントともいえるでしょう。

まる
まる
ポンっと跳ね上がるくらいのロブ系が一番コントロールが良くて実用的ですね^^

上げ打ち、上げ球を打つコツまとめ

今回の記事ではパークゴルフの1つの醍醐味である「上げ打ち、上げ球の打ち方やコツ」についてご紹介しました。

もう一度上げ球の打ち方、構えるステップについて内容をおさらいしておきます。

  1. 両足を揃えてボールとの適切な位置に立つ
  2. 目標方向と平行にスタンス
  3. ボールを軸に反時計回りに立ち位置を微調整
  4. ボールは左足つま先の延長線上に
  5. オープンスタンス+右足体重を意識
  6. アウトサイドインのスイング軌道
やってるんだけど上がらないんだよなぁ

という方は、実際に上げ球が打てる第三者にスイングを確認してもらってみてください。

球が上がらないのには必ず原因があります。
思うように上がらない時は他人にスイングを見てもらうことで、自分では出来ているつもりでも不十分だった部分がきっと見つかると思います。

自分のスイングを見てもらえる人がいないという場合は、庭などで窓に映る自分の姿をチェックしつつ素振りしたり、スイングを形作る方法もおすすめです。
近場に打ちっぱなし場や練習場があるという人であれば、誰かにスイングを撮影してもらったり、三脚を立てて自撮りするのも自分のフォームを客観視できて大変有意義です。

まる
まる
私も打ちっぱなし場では毎回自撮りしながら練習してます。
自分の映像を見てると失敗するパターンが見えてきますし、「次はこうしてみたらどうか?」というアイディアが湧くんです(^^)

上げ打ちをマスターすれば、今よりももっとパークゴルフが楽しくなりますよ。

ぜひ何度も練習して上げ球を使いこなせる達人になりましょう!

パークゴルフ|ロブショットの打ち方
パークゴルフ|ロブショットの打ち方【中距離で使えるロブ打ちを解説】 という方に向けて、この記事では『パークゴルフでロブショットを打つ方法』について解説します。 ロブショットとは「柔ら...
よく読まれている人気記事

POSTED COMMENT

  1. ドドンパ より:

    はじめまして。パーク歴5年の中級者です。興味深く拝見させていただきました。

    ロブショットの打ち方で、グリップについて一つ質問させてください。(右利きで)

    オープンに構えた状態でフェイスを真っ直ぐ向けるためには、グリップはそのままで手首を右に回すのか、シャフトを右に回してグリップの握りを変えるのか、どちらが正しいですか?

    • maru より:

      ドドンパさん、はじめまして。
      いつもブログをご覧いただき大変恐縮です。

      ご質問のグリップの件ですが、フェースを開いてからグリップを握り直したり、あるいは手首を回して帳尻合わせをするのではなく、右ひじの内側を正面に回すようにして構えています。

      右ひじ内側を正面にして構えるとフェースが自然と開くだけでなく、右ひじを胸(脇)の前で固定しながらテイクバックしやすくなるのがお分かりいただけるかと思います。
      また、右ひじのブレを抑えられれば、ラウンド中盤の疲労が溜まった際にもスイング軌道を一定を保ちやすくなるので、ミスショットを減らし、いつも自然な円弧運動を描けるというメリットもあります。

      何が正しいかは人によって見解が分かれるところかなと思いますが、1つのアイディアとして参考にしていただければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です