苫小牧市

苫小牧市|糸井の森パークゴルフ場(全36ホール)

今回は苫小牧市にコースを構える「糸井の森パークゴルフ場」をプレイしてきました。

苫小牧市 糸井の森パークゴルフ場

・中規模でラウンドしやすい36H
・テクニカルで激しいアップダウン
・冬でもプレイできる屋内パークゴルフ場完備

訪問したのは11月中旬。

札幌は一度雪が降った季節ですでにクローズしたパークゴルフ場が多いですが、積雪の少ない苫小牧ではまだまだプレイを楽しむことができます。

今回は「糸井の森パークゴルフ場」をラウンドしたときの様子をまとめていきます。

糸井の森パークゴルフ場の概要【アクセス・駐車場・利用料金など】

アクセス・駐車場


▲〒053-0814 北海道苫小牧市糸井465−2

札幌方面から高速道路、または国道36号線を走ってくる場合は、苫小牧を横切るバイパス通り(781号線)から来るとスムーズにアクセスできます。

途中に「糸井ゴルフパーク54」の入り口もあり一瞬迷ってしまいますが、そのまま直進すれば到着しますので間違えないでくださいね。

また、駐車場も必要十分な台数を完備しているので安心です。

糸井の森パークゴルフ場の駐車場▲駐車場の様子

利用料金について

「糸井の森パークゴルフ場」の利用料金は屋外料金と屋内料金(ハウス)の2つに分かれており、詳細はこのようになっています。

糸井の森パークゴルフ場のプレイ料金,利用料金
屋外料金 会員 一般
1日券 800円 1200円
午前券(9~13時) 600円 1000円
午後券(12~17時) 600円 1000円
36ホール 500円 800円
18ホール 400円 600円
屋内料金 会員 一般
1日券 1000円 1300円
午後券(12~16時) 800円 1000円

会員になるための年会費は2000円で、プレイ料金の割引サービスのほか打ちっぱなし場の利用が30分無料、クラブ修理代金の割引、カラオケ店やスポーツゼビオの料金が安くなる特典など様々なメリットがあり大変お得です。

まる
まる
苫小牧に住んでいるなら会員になっておいた方が何かとお得になって良さそうですね

料金の支払いはチケット制ではなく、クラブハウスの受付カウンターで直接清算します。

クラブハウスの外観▲クラブハウスの外観

また、レンタルクラブも豊富に用意されており、初めてパークゴルフを始めたい初心者、職場のレクなど団体利用したい場合にも使いやすくとても便利です。

糸井の森パークゴルフ場にはレンタルクラブも完備▲レンタルクラブも豊富に完備

僕の経験上、レンタルクラブが多いパークゴルフ場はたいてい人気ゆえに繁盛していることが多いですね。

その他施設概要について

他にも「糸井の森パークゴルフ場」にはこのような施設サービスがあります。

お昼の休憩に便利なランチサービス▲ランチサービス

クラブハウス横に設置された打ちっぱなし場2打席▲打ちっぱなし(2打席)

エアガンと水道▲エアガン、水道

休憩所兼コンペルーム▲休憩所兼コンペルーム

休憩所にはランチ時に利用可能な電子レンジやポット、荷物置き場なども設置されています。

休憩所の中の様子電子レンジと電動ポット 荷物置き場 薪ストーブ

休憩所のさらに奥へと進んでいくと、プロジェクターや音響機器が設置された空間もあり、コンペなどにも利用しやすい環境が整っているみたいですね。

コンペルーム コンペルーム2

大会が多いパークゴルフ場ということで、これはなかなか本格的ではないでしょうか。

パークゴルフ場の設備としてはこれだけ揃っていれば文句のつけようがありません。

中規模でラウンドしやすい36H

「糸井の森パークゴルフ場」は全36ホールと中規模で、慣れていればサクっとラウンドすることができます。

最近は72ホールを用意する大規模なパークゴルフ場も増えているので、体力に自信のない方でも無理なく回りきることができます。

コース概要はA~Dの4つ、各9ホールをラウンドすることが可能となっています。

Aコース
Aコース1番ホール
Aコース 距離(m) Par
1 40 3
2 55 4
3 70 4
4 62 4
5 50 3
6 40 3
7 42 3
8 45 4
9 86 5
9 490 33

 

Bコース
Bコース1番ホール
Bコース 距離(m) Par
1 49 3
2 41 4
3 46 3
4 52 4
5 42 3
6 40 3
7 44 4
8 66 4
9 86 5
9 466 33

 

Cコース
Cコース1番ホール
Cコース 距離(m) Par
1 45 4
2 32 3
3 53 3
4 60 4
5 80 5
6 63 4
7 35 3
8 30 3
9 52 4
9 450 33

 

Dコース
Dコース1番ホール
Dコース 距離(m) Par
1 34 3
2 38 4
3 28 3
4 70 5
5 38 3
6 60 4
7 42 4
8 41 4
9 29 3
380 33

 

全体的にAとBコースはフラットで平坦、CとDコースは打ち上げ&打ち下げの高低差を楽しむことができるレイアウトになっているのが特徴で、フラットなコースでもフェアウェイのゴツゴツ感はかなり強めです。

テクニカルで激しいアップダウン

上述の通りCとDについては極端な打ち上げ、打ち下げコースがあり、高低差のあるアンジュレーションが初めてという方には大きな醍醐味になることは間違いありません。

こちらはCコースの1ホール目の様子ですが、若干の打ち上げになっていますね。

Cコース1ホール目(45m)打ち上げのロケーション▲Cコース1ホール目(45m)打ち上げ

ちょうど先日「八剣山パークゴルフ場」へ行ってきたばかりですが、こうした高低差のあるコースはとにかく慣れが必要ですね。

まる
まる
八剣山ほど急激なアップダウンコースは今のところ見たことがありません

※八剣山パークゴルフ場について
札幌市南区にあるコースで、もともと果樹園だった丘陵地帯に設立されたパークゴルフ場です。高低差がとにかく激しく、常に“超”がつく極端な打ち上げ・打ち下げが面白い絶景スポットですよ。
»【八剣山パークゴルフ場】丘陵地帯特有のアップダウンは必見!自然風景も楽しめるお得なコース

話を戻しまして、特に必見なのはCコース3ホール目。画像・動画では伝わりにくいですが、かなり極端な打ち下げになっています。

Cコース3ホール目(53m)極端な打ち下げ▲Cコース3ホール目(53m)極端な打ち下げ

53mの中距離コースですが、動画の通り1打目はかなり抑えてショットしなければ想像以上にグリーン超えしてしまいます。

C-3が終わると、続けてC-4も打ち下げとなっており、そこを終えるとようやくフラットな地形になります。

Cコース4ホール目(60m)打ち下げが続く▲Cコース4ホール目(60m)打ち下げが続く

1打目に抑えすぎたせいで、思いの他かなりショートしました。

リカバリーに関してもこの時期(11月)はラフが速いので、加減を計算したつもりが結局Par上がりに。

また、中盤にもこうした高低差のあるコースを楽しむことができます。

▲上り勾配のコース

▲上りのショートホール

CコースとDコースはアップダウンが多くテクニカルな印象ですが、以下はロングドライブが面白い80mの長距離ホールとなっています。

Cコース5ホール目(80m)▲Cコース5ホール目(80m)3番目に長いコースです

OBの杭ギリギリに止まってくれていましたね。グリーン手前左側に植栽があるので、ピンよりも若干右を狙っていくのが良さそうです。

あわよくばを狙うとグリーン奥が浅く怪我をする可能性もあるため、こうしたコースは手前手前を意識的に刻んでいくのがセオリーですね。

コースにもよりますが、グリーンは砲台型またはお椀型になっているスポットが多くそれなりに難易度高めかなと。

▲Dコース3ホール目(28m)砲台グリーン下からのアプローチ

▲Dコース1ホール目(34m)お椀型グリーン

最後のググっと曲がる軌道がお椀型グリーン特有の動きです。球の勢いが止まる後半が最も曲がるので、そこを計算に組み込んでパットするのがコツになります。

Bコースは基本的にフラットですが、中には軽い上り&お椀型グリーンの合わせ技コースもありました。

Bコース2ホール目(41m)上り&お椀型グリーン▲Bコース2ホール目(41m)上り&お椀型グリーン

ピンに届かないとダラダラ戻されてしまうのがお椀型グリーンの悩ましいところですね…

また、糸井の森パークゴルフ場は起伏が多く、全体的に波打つ箇所がかなり多めです。

Dコース6ホール目(60m)ゴツゴツしたフェアウェイ▲Dコース6ホール目(60m)起伏の多いフェアウェイ

似たような別のホールで上げ打ちも試みましたが、ランダムに凸凹する斜面に当たり、ボールが明後日の方向へ大きく跳ねてしまいました。

戦略的な上げ球はさておき、このようなゴツゴツしたフェアウェイの場合、理由がない限り転がして攻めた方が有効性は高いかなと思います。

そして最後にこちらがコース最長の86mロングホール。「糸井の森パークゴルフ場」公式YouTubeでもアップされている有名なコースですよね。

Aコース9ホール目(86m)糸井の森最長のロングホール▲Aコース9ホール目(86m)糸井の森最長のロングホール

▲【公式YouTube】Aコース9ホール目の様子

コースの難易度は決して高いわけではないものの、グリーンに大きな傾斜があるためピンの位置によって大きく戦略が変わってきます。

まる
まる
今回は左手前にピンが切ってあったので簡単なパターンでした

冬でもプレイできる屋内パークゴルフ場

今回訪問した際、「糸井の森パークゴルフ場」の管理者さんとお話しする機会があり、冬シーズンの営業について尋ねてみました。

札幌では10月~11月でクローズするパークゴルフ場が多いですが、こちらのコースは基本的に年中無休で営業を続けているとのこと。

苫小牧はもともと雪が少ない地方ではありますが、最長で1月下旬まで屋外パークゴルフ場を営業していたこともあるそうです。

雪などで状態が悪くなった場合には、ビニールハウスの中に設置された屋内コースも完備しており、1日券なら1300円、午後券なら1000円でプレイし放題となっています。(各一般料金)

屋内パークゴルフ場▲写真中央を横切るハウスが屋内パークゴルフ場

屋内パークゴルフ場の入り口▲屋内コース入り口

中を見せてくれるとのご配慮も戴きましたが、そちらについてはまた後日プレイした際に詳しく確認してみようかなと思います(^^;)

※便利なライブカメラ映像も
現在の「糸井の森パークゴルフ場」の状況をライブカメラでチェックすることが可能です。今日は天気が微妙だなと感じたときは、リアルタイムでコースの状態を確認みるといいかもしれません。
»ライブカメラ映像はこちら

 

糸井の森パークゴルフ場の総評

糸井の森パークゴルフ場の総評
  • 大規模すぎず、ラウンドしやすい36ホール
  • フェアウェイの起伏が激しく、コースによってはやや運ゲー
  • 打ち上げ、打ち下げが醍醐味
  • 冬季でもプレイできる屋内コース完備
  • ラウンド成績:Aコース 27打、Bコース28打、Cコース 27打、Dコース 26打
  • 難易度:

糸井の森パークゴルフ場
■住所:〒053-0814 北海道苫小牧市糸井465−2
■電話番号:0144-76-7237
■営業時間:9:00~17:00(屋外コース)、9:00~16:00(屋内コース)
■定休日:年末年始のみ
■公式サイト:http://itoinomori.syncline.jp

シャフトの戻りが速く高く飛ぶ

▲Fit all Ultra 85cm 515gカスタムモデル胡桃

ピポットのパークゴルフクラブは、しなやかにしなって戻りが速いシャフトを採用しているため、オープンに構え軽く振り抜くだけで気持ちよく球が浮き上がります。

かば・いたや・たも・クルミなど多彩な材種で作られるヘッドは1本1本形状が異なり、職人の手作業による自分だけのカスタムオーダーメイドが大きな強みです。

パークゴルフを本格的に極めたい中級者以上の方におすすめです。

≫お店の様子を見てきました(札幌)

札幌・札幌近郊でおすすめの人気パークゴルフ場ランキングベスト5!⇒札幌・札幌近郊おすすめパークゴルフ場TOP5!人気のコースをランキングでご紹介

まる
まる
SNSのフォローもよろしくおねがいします
まるパゴ SNSアカウント